torobiandon

観た映画をメモしていきます







2019/03/21 ヴェノム ☆3.7
毎日おなじ道を通って新聞を買い、同じスーパーに入って隣の部屋の騒音に悩まされる。
そんな序盤の生活がなまなましくて、ヴェノムに寄生された後の生活の激変っぷりが面白い。
(ひと悶着の後生活が良い方向に変わって終わるのも気持ちいい)
ヴェノムに寄生された人あるあるなのか、罪の意識薄くないか…?

あと諏訪部順一さんの声かっこいいよね、あとヴェノム可愛い。
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/02/10~ トリックシリーズ ☆4.2
唐突にぶっこまれるギャグと救いがないオチの高低差が癖になりました。面白い。
シーズン1が一番好き
かき氷に生卵をかけるヒロインが忘れられない・・・。
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/02/10 レッド・ドラゴン ☆3.7
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/02/10 gifted/ギフテッド ☆3.5
メアリーの母がフランクに頼んだ内容、スカッとしたかったけど辛すぎてうめくことしかできなかった。
読了後、さみしいような幸せなような不思議な気分になる映画でした。
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/02/09 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~二人の英雄~ ☆3.7
先日アニメを一気見したので映画もと。
熱くていいよね。結局思いっきり個性で戦ってるけどいいのか…?仮免的に…
最近寝る前にpixivでMHAまとめを漁るのが日課です(19年3月現在)
右爆すき
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/01/21 スチームボーイ ☆3.6
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/01/18 老人Z ☆3.5
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/01/13 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ☆3.7
2019/03/21(Thu) 18:38


2019/01/12 アイアンマン1・2・3 ☆4.2
2019/03/21(Thu) 18:38


2019/01/?? 南極料理人 ☆3.8
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/8/?? カメラを止めるな! ☆4.8
すごい映画を観た。面白いがすぎる。
初めてパンフ買いました
2019/03/21(Thu) 18:38


2018/04/02 ナポレオン・ダイナマイト ☆3.1
猛烈に冴えない学生ナポレオン・ダイナマイトが過ごす学校生活を淡々と撮った青春映画。

全編に渡り映像が生々しく、なぜ私はこんなものを見ているんだ…と停止ボタンを押す寸前までいったが(特にナポレオンが牛乳を飲む所を間近で撮るシーンは見るに耐え難い)、段々と癖になってくるかもしれない。

というのもこの映画、盛り上がりも盛り下がりがなく、良いことも悪いことも同列に扱われており、ちょっとラッキーと喜んでいる次の瞬間最悪なことが唐突に起こったりする。
しかしそれを引っ張らずにまたすぐ次の場面に移行するため、生きてりゃいいこともあれば悪いこともあるよね!という気分にさせられる。
そんな気分になる頃には癖になっていることだろう。

ただエンタメとしては正直面白くないです。
時間に余裕があって、ちょっと一風変わった映画を観たいなーと思った人にはおすすめです。

TSUTAYAで借りるときは英題はナポレオン・ダイナマイトですが、邦題は「バス男」なので気をつけましょう。
私はそこで30分ほどぐるぐるしてまい、心証滅茶苦茶悪い精神状態で見てしまったので評価に響いている可能性はあります。

蛇足ですが、英題は題名でナポレオン・ダイナマイトと強烈なインパクトを放つくせに、本編はぐだぐだというギャグだと思うのですが、
このバス男という邦題は本編のナポレオンのニュアンスそのままという印象なのでいかがなものか。
2018/04/02(Mon) 19:12


2018/03/24 新感染ファイナル・エクスプレス  ☆4.5
久しぶりに映画をみました、ずっと気になっていた新感染ファイナル・エクスプレス。
明け方、ひとりの感染者が駆け込み乗車し、爆発的な感染を引き起こしながら新幹線は疾走する。

電車という舞台を存分に生かした展開が面白く、狭い通路を大勢の感染者がものすごい勢いで走りなだれ込んでくる映像は滅茶苦茶に怖い。
びっくり系、ゴア、ホラーとはまた違う純粋な恐怖を感じます。

そんなこれはヤバイと感じさせる映像が相まって、自分の保身に走る人々の説得力が強い。
だからこそ、そんな惨状の中での主人公の成長、和解、愛に心が揺さぶられる。

役者の演技も素晴らしい。
字幕で観た後に吹き替えでも観ましたが、渾身の映像、役者の演技に比べてどうしても吹き替えがペラく感じてしまう。
私は断然字幕で観ることをおすすめします。

素晴らしい人間ドラマを見せてくれる映画でした。
しかし映画面白い!落ち着いてきたのでまたぽつぽつと観ていきます。
2018/03/24(Sat) 01:27


2017/12/31 インターステラー  ☆4.4
砂嵐が吹き荒れ、食糧難に苦しむ未来の地球。
元敏腕パイロットのエンジニアである主人公は子供達の明るい未来のため宇宙へ向かうSF映画。
噂に違わぬ面白さでした。

まず全体を通して映像が美しい。
最初の方のトウモロコシ畑?を軽トラで突っ切る所シーンからその美しさに感動してしまった。
まだ宇宙行ってないのに。

というか宇宙行くまでのシーンが完璧でその時点で引き込まれまくった。
映像の美しさ、手遅れな地球の現状の見せ方、娘との別れ、離陸…
この時点で敗けを認めました。

宇宙へ行った後はどの星に行くか、星の調査、地球に残した子供達との時間の流れのズレなどの宇宙っぽい課題に悩まされ、予想外の熱い結論に行き着く。
こういう熱い展開に弱いんですよね。

好評でかなりハードル上がってたんですが、満足です。
2017年最後にこれを選んで良かった。
2018/01/13(Sat) 13:57


2017/12/30 スーパーバッド 童貞ウォーズ  ☆3.5
高校卒業の間際、三人の童貞が何とか童貞も卒業しようと頑張る奮闘記。

リビドー全開の高校生らしい言動とこじれていく事態にふふっとくる。
アメリカではIDカードがないとお酒が買えないだとか、
そういうアメリカ慣習が知れるのも面白かったですね。

終盤までコメディ色が強いけど最後グッと来る展開もあり、結構楽しめました。
ラストシーンのニヤッとする感じも後味よくて良し!
2018/01/13(Sat) 13:57


2017/12/29 シザーハンズ  ☆2.6
心を綺麗にして年を越そうキャンペーンで観たけれど思ってたよりロマンチックな映画ではなかった。

手がハサミの人造人間であるところのエドワードがおばさんに連れられ町へ降り、人々を翻弄し、翻弄される。
人々の反応が少々唐突でついていけない所が多かった。
さらに中々胸くそ悪い出来事が立て続けに起こってしまうが、最後のオチはロマンチックでちょっと心がきれいになりました。
2018/01/13(Sat) 13:53


2017/12/24 宇宙人ポール  ☆4.8
イギリスからアメリカに遊びに来たオタクの二人が宇宙人のポールに出会い、一緒に旅するロードムービー。
めっちゃ楽しい!
サイモン・ペグ&ニック・フロストのコンビ最高だ!
ほんとにデキてないのかこのふたり

男二人がキャッキャするだけで楽しいんだけど、そこにポールが違和感なく入ってきてより楽しいのはすごい。
当然ながら本物の宇宙人ではなくCGなんだけど、動きから質感から作り込んであって一人の役者として存在しているのだ。
ポールはそれだけの実在感と親しみやすさを持っている。
NGシーン集の最後のテロップは吹き出してしまった。

サイモン・ペグとニック・フロストのコンビなんだけど今回の監督はエドガー・ライトではなくグレッグ・モットーラ監督。
エドガー・ライト監督には無いあったかいホーム感があって(失礼)、笑いながらときどきじわりと目頭を熱くなる。
各キャラクターがしっかり個を持ってて、かつ丁寧に掘り下げてくれるからかな。

これはとても良いエンタメ映画!
大好きだ!
2017/12/24(Sun) 18:26


2017/12/17 千年女優 ☆3.2
今敏監督作品のラスト一本。
出演した映画を行き来しつつ女優へインタビューが行われて、現実と虚構の境界が曖昧になる演出はさすがでした。
展開した虚構の世界が交錯するシーンは特に熱い。

しかしやりたいことは分かるし試みも面白いんだけど何かハマれなかった。
リフレイン多めでテンポが重く感じたからかな。
2017/12/17(Sun) 19:22


2017/12/12 シングストリート ☆4.5
どんな逆境やはきだめにいても、その時の感情を音楽に昇華させて少年が芯のある人物に変わっていく。
音楽の素晴らしさをストレートに表現していて、観ていて清々しい気持ちになりました。 とても気持ちいい。

何か起こる度に、主人公がバンドメンバーのエイモンのところに曲を作ろうと持ちかけるのだが、エイモンの出迎えがいつも暖かくて安心する。
主人公の詩にエイモンが音をのせて、音楽が生まれるあの瞬間はとても尊いものでした。
彼らの音楽へのひたむきさは胸が熱くなります。

そして主人公の兄。
彼もまた色々な感情を持つ味のある人物で、めっちゃいい人なんですよ…。
めっちゃいい人が苦しんで、ラストの行動に至ったのだと思うと…うぅ…幸せになってくれ…
彼らの航海に幸あれ!

(歌が吹き替えなしなので字幕で観るのがおすすめです。)
2017/12/12(Tue) 21:28


2017/12/06 帰ってきたヒトラー ☆3.7
前情報なしだったがキャッチコピーの笑うな危険や、パッケージのデザインからコメディ映画なのかなーと思っていた。
だが本編を見るとこれが単純なコメディ映画ではない。

序盤は現代に現れたヒトラーの奮闘する姿で、想像していた感じのシリアスな笑いを提供してくれる。
馴染み深いパロディもあって笑ってしまった。
役者がヒトラーの姿で、実際に住民に今のドイツについて聞いて回るドキュメンタリーが挟まれるが、色んな反応が見られて面白い。
ヒトラーに扮した役者も上手くて、ヒトラーが言いそうなことをノータイムで返していてすごい。
しかし映画が進行するにつれて笑えなくなってきて、最後のシーンは大変肝が冷やされた。
笑うな危険ってそういう・・・ひぇ
2017/12/06(Wed) 22:53


2017/11/21 ショーン・オブ・ザ・デッド ☆4.8
独特のタッチで撮られたエドガー・ライト初監督ゾンビコメディ映画。
お…おもしれー!

食われればゾンビになる普通に凶悪なゾンビを前にして、
登場人物はギャグをかましてくるから緊迫感なく楽しく笑って観れる。(本人たちはわりと必死)
序盤のレコードを投げるシーンは思わず吹き出してしまった。

そしてちょいちょい感動的なシーンを唐突につっこんでくるのだが、ギャグとのギャップもあってかこれがグッときてしまう。

友人と一緒に観られる楽しい良いエンタメ映画でした。


そしてそしてまたも特典映像が豊富。
特に後日談集、シーン集、延長された断片は必見。
延長された断片はカットされたシーン集で、エドガー・ライト監督と脚本兼主演のサイモン・ペグの解説が付くのだが、
ここで監督が映画作りで大事にしていることを話していて興味深い。
特に10分前後にあるパブで座っているシーンの語りは感銘を受けた。
ちゃんと解説音声にも日本語字幕がつくよ。
2017/11/21


2017/11/19 コーヒー&シガレッツ ☆3.8
様々な喫茶店での短い会話劇を集めたオムニバス形式の映画。

ほとんどの登場人物の人間関係が、ちょっとギクシャクして喫茶店を出るのが妙に面白い。
ハマる人はハマる、そんな雰囲気(ハマった)

この映画には医者やらミュージシャンやら俳優やら、色んな職業の人物が登場するが、この人物達は本人が本人の役を演じているそう。
役者を調べて好きな人物がいるか調べてみるのもいいかも。

一押しエピソードは『カリフォルニアのどこかで』
2017/11/19


2017/11/14 パプリカ ☆4.5
東京ゴッドファーザーズ、パーフェクトブルーに続き、3作品目の今敏監督映画作品をみました。

夢が犯されていくというキャッチコピー、サイケな音楽、パーフェクトブルーを彷彿とさせる赤色…
序盤はまたホラーではないかという不安を抱えながら観ていたけど、観終わってみればなんとも楽しい映画でした。
(パーフェクトブルーは怖すぎて判断できないので感想省いてます)

確かにサイケデリックな雰囲気ではあるのですが、イケボのオジサン刑事やメタボのマッドサイエンティストなど、妙にユーモラスなキャラクター達とのギャップが面白い。
他にもアクションやら人間ドラマやら、色んなジャンルの面白さが絡み合ってクライマックスに向かう様は観ていてとても気持ち良い。

そしてやはりアニメーションの動きがめちゃくちゃ良い。
ぬるぬる動くのはもはや当然で、ぬるぬるの度合いまでシーンに合わせて緩急をつけてくるのだから、感服するしかない。
アニメーションから感じるパプリカの重心(体重?)の無い感じとその変化が、彼女の存在を物語っているかのようで…良い仕事してますねぇ!

これだけ面白いのを見せられたら監督の旅立ちがどんどん惜しくなってしまいますね…
(まだ千年女優観てないけど)
2017/11/14


2017/10/22 劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower  ☆4.8
用事を済ませに出掛けたものの台風の野郎のせいで用事がパーになり、
このままただで帰れるか!!と、映画館に飛び込んできました。

久しぶりにまだ観に来る人が結構いる段階の映画館で観まして、
同じ趣味の知らない大勢の人と作品を共有するのは、同人イベント的な楽しさがあって良かったです。

映画は100%大満足ですね。
冒頭の弓道場から引き込まれ、
最初の剣劇が映った瞬間からのめり込んでエンドロールまでハラハラドキドキでした。

続きはは2018年公開だそうで今から楽しみです。
2017/10/22


2017/10/18 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ ☆4.7
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ、めっちゃ面白かったですね。

ごろつき四人組がなんとか借金を返済しようと奔走する中、
同時に複数の組織がそれぞれの思惑で行動して少しずつそれらが噛み合っていく・・・いわゆる群像劇が面白い映画。

登場人物がみんな濃くて、悪党界のヤベーやつらがヤベーことをするのが楽しい。
なんか日本にはないアウトローさがめっちゃかっこいいんですよね。これぞ洋画。
結構な数の死人が出るんだけど、登場人物がみんないつ死んでもおかしくない悪党だからか、観た後暗くならないのがとても良い。
グロくもないから大丈夫。

ちなみにガイ・リッチー監督の二作目「スナッチ」の主演を務めるブラッド・ピットは、ロックストックを観て感動して俺も出させろと言ってきたとかきてないとか。
同監督のスナッチも面白いよ!
2017/10/18


2017/10/12 ベイビードライバー ☆4.2
久しぶりに映画館で映画を観たなぁ
それにしてもエドガー・ライト監督の音ハメが超気持ちい…!
音楽がキーとなってくる作品なので音ハメが作品にマッチしていて身を乗り出してみちゃう。

ホットファズとはまた違うテイストのストーリーでこういうのもあるのか…と面白かったです
2017/10/12


2017/10/06 東京ゴッドファーザーズ ☆4.1
クリスマスの聖なる夜、三人のホームレスが赤ん坊を見つけ、奇跡がおこる。
そんな感じのDVD裏のアオリ文句から泣かせに来る感動系のやつなのかなー気が引けるなぁと思っていたが、
ほっこり楽しいエンターテイメントでとても好き。

ディティールは写実的だが配色は印象的な背景の中、ホームレスたちが生き生きと動く。
この映像美だけで引き込まれまくったが、まるで予想しない出来事に笑ったり、驚いたり、純粋に楽しい時間を提供してくれる。
やっぱりエンターテイメントっていいな。

特に好きな美術は屋外と室内の色の温度を印象的に描いている場面。どんどん真似していこう。
雪の表現も滅茶苦茶いい…。個人的に平成狸合戦ぽんぽこの雪が好きだったんですけど、それとはまた違う都会の雪。


DVD映像特典も今敏監督の対談が熱くて良かったです。
(表現の可能性が)無限にあるんだからこういうのがあってもいいじゃないかのくだり、しびれました。


クリスマスが近くなってきたらもう一回観たいな。
2017/10/06


2017/12/23 ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! ☆4.5
なんか映画みたいな~と思っておすすめされたホット・ファズ。
すっごい面白かった。

やっぱり映画ってこういうのだよね!っていう面白さ。
カッコイイ音楽とテンポの良さでノリノリで見ちゃう。

コメディ、アクション、サスペンスホラー(かな?)、デカの熱い魂、色んなものを二時間に詰め込んである。
詰め込んであるが早いテンポでまとめられていて苦じゃないのはすごい手腕だ…
ストーリーも全く無駄な部分がなく
すべてが大事なシーンでほんとはちきれんばかりの情熱を詰め込んだ感。

あとBDで借りたんだけどなんかメニューUIがめっちゃ凝ってる
特典映像も盛りだくさんで「本物の敏腕デカの解説副音声付きモード」とかあって笑った

こういう映画を休日に見るとなんか得した(?)気分になる。
ただしグロい描写も割とあるから注意が必要!
今ちょうどホット・ファズの監督の最新作ベイビー・ドライバーが劇場でやってるらしいので行ってみようかな。
2017/09/23


2017/09/06 お嬢さん ☆4.9
映画「お嬢さん」観ました。
もうとにかく面白かったです。

エンタメとしてのクオリティが滅茶苦茶良くて、
監督の仕掛ける展開に見事に振り回され、
恐らく監督の予想するであろうリアクションをとり続ける楽しい二時間でした。
完全敗北…!

劇中官能的なエッチなシーンはあるのですが
鑑賞後は清々しい読了感が得られる楽しい百合エンタメ映画でした。

(ただし家族で観ずに自室でこっそり観よう!)
2017/09/06
top